お金は絶対、悪ではない

自分だけの生活だけを考えればよかった時代から、
今は家族4人の生活を考えなくてならない時代に突入しています。

昔は、お金持ちになりたいぁ、、、
ていうくらいの漠然とした願望しかなかったです。

だって、もらってる給料だけで十分生活できたから。

もっとあればいい車に乗って好きなだけ趣味にお金を使って。
とかそんなレベルの考えしかなかったんです。

でも、今は家族がいてどんどん時間もお金も無くなって、
つまりは余裕もなくなっている状況下にいるわけで、お金に関する願望がずいぶん変わってきました。

お金があればすべてを買えるわけではないけれど、

お金があれば、まず第一に子供たちに不自由な思いをさせなくて済む。

お金があれば、好きな食べ物を食べることができる。

お金があれば、貯めて、貯めたお金を投資に回せる。

お金があれば、お金の苦労を考えなくて済む。

・・・まぁ、できることがたくさん増えますよね。

でも、譲れないことが一つ。

お金があっても時間がないのでは意味がありません。

時間がないのが一番嫌です。

だってお金の為だけに生きているわけではないから。

お金は絶対、悪ではないけれど、お金に支配されてもいけません。

私はお金に支配されちゃった人を知っていますけど、
その人、自分で感じてるか分かりませんけど、寂しいですよ。

付き合う人も「お金」に関わる人だけです。

それは、私が望むものではないし、そうなりたくもありません。
お金は必要!でも時間も大事!
時間は、戻っては来ないから、大事に、大事に生きようと思います。